スタッフブログ

こんにちは!井坂です

先日、水戸展示場を水戸市近郊に住むお子様とその保護者に向けた親子向け雑誌「VILLAGE」様の4月号表紙オーディション会場としてご利用頂きました。

撮影の様子を、許可を頂いたので少しですがお届けできたらと思いブログを書いております!

IMG_05761
とー--ってもかわいくて、ポーズもしっかりきまってます

IMG_05931
当日はたくさんの方々にご来場頂いたので、新型コロナウイルス感染症対策も万全の状態でお迎え致しました。
今回撮影した「VILLAGE」は、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・大洗町・茨城町・笠間市で配布しているフリーペーパーです。図書館や病院、幼稚園や保育園に直接配布しているそうです!
どんな子が決まるのか、私も今から楽しみに探してみたいなと思います

詳しくはコチラ

モデルハウス
こんにちは!井坂です
春の陽気になりはじめ、早く暖かくなってほしいなと思う今日この頃です


本日は、敷地に対して建物の位置だしに行ってきました。
この線をもとに地盤調査や地鎮祭を行います
IMG_0486
建物を建てる予定の所に地縄を張っています!
IMG_0487
工務の大島さんです!トランシットで直角を出しています。
IMG_0458
完成しました。
地縄が張り終わると「ここに家が建つんだなあ」と実感しました。


これからもブログにて新しい発見等色々と載せていこうと思うのでよろしくお願いします
先日、TOTOのショールームに行ってきました!

実際にお風呂やトイレ、キッチンや洗面台を見学できます

今回のお目当てのお風呂!
実際に展示品の浴槽に入らせて頂いたり、床のお手入れのし易さの実演を見させて頂きました。それがこちらの写真です!


IMG_0337
IMG_0338
黒のマジックペンで書いた床も、水をかけるだけでこんなに落ちるとは驚きました!
これなら毎日のお風呂も綺麗で、日々のお掃除も快適ですね。しっかりと断熱床になっているのにふかふかで感動しました

案内の後はお風呂の壁の色を実際にイメージを作ってくださいます!イメージが湧きやすいですね!
IMG_03393
ご家族でせーの!で指差しで色を決めていました
早くお家が完成して素敵なお風呂が入るところを見るのが私も楽しみです!

水戸市、笠間市で新築の注文住宅をお考えの方、ぜひイサカホームにご相談ください

以上、井坂でした!
IMG_0296
はじめまして!1月からイサカホームに入社しました、井坂 成美と申します。
社長の次女です
少しずつブログの方も書いていければと思ってます。よろしくお願いします!

先日、完成したお客様のお家の気密測定に行ってきました。写真は気密測定のための機械です!
気密測定とは大きな換気扇の様なもので、室内の空気を抜いて、建物の隙間がどれ位有るかを調べる検査です。
それを1平方メートル当たり何センチかを算出します。

IMG_02981
測定結果です!

今回の測定では、0.2㎠/㎡
すごくいい数値がでました!
こちらのお家は、W断熱で断熱性能をあげ、全館空調(家庭用エアコン1台)を設置したお家です。

床1平方メートル当たり0.2平方センチメートルしか、隙間がないとゆう結果です。
ちょっと前の断熱基準の次世代省エネルギー基準では、この地域のすき間は5.0㎠/㎡、北海道で2.0㎠/㎡が基準でした。

すき間が少ないと
   1、室内の熱が外に漏れにくい。(断熱性能がUPする)
   2、室外の熱が室内に入りずらい。
   3、計画換気がきれいに動き、室内空気がいつも新鮮。
   4、室内の音が外に漏れにくい。
   5、外の騒音が、室内に入りずらい。

  など、メリットが沢山あります。


初めて見る機械の大きさや威力に驚きました!隙間があるかないかを数値化できるとは驚きです!
イサカホームのお家は、気密がしっかりしていて、冬は暖かく夏は涼しい省エネで快適なお家です

 こんにちは、清野です。

久々のブログになります。今年は、休まず時々ブログを書きたいと思います。

 先日、フルハーネス型安全帯使用作業特別教育の講習にスタッフ、業者さんで

参加してきました。

 



2d6c6df186319297374ed67e905f7f64


 家を建てる時はどうしても高い場所での作業も出てきます。

高い場所の作業をする時には、安全を確保するのに墜落制止用器具を付けます。

墜落制止用器具といっても何の事かわかりづらいですよね。

ちょっと前は高い場所で作業するときには、安全帯と言って腰にベルトを付けて、足場などにロープを取り付けて、

人が落ちないようにするベルトでしたが、

安全基準が変わって、肩、胸、腿など複数のベルトで支えるフルハーネス型安全帯が義務化されました。

(細かい規定で腰の安全多でも可能な場合もあります。) 



     
        フルハーネス型安全帯
8091a6d105df286fa5a63116e341041d
                                 建設業労働災害防止協会 資料より掲載 




座学から始まり、実技で正確な装着方法を学び、また、実際の足場を使いランヤードと呼ばれる安全帯と足場等をつなぐロープとフックの使い方を学びました。最後に万が一落下した時の荷重がどのように体にかかるか、体験しました。

肩、胸、腿で支えていますが、それでも腿のあたりは痛かったです。実際の現場で落下した場合、いきなりなのでさらに強い衝撃を受けるのかと思います。現場の方には、安全第一で作業してもらわなければと痛感しました。



1103c68a3e87b1ef511fe46059764a33
フックの使い方の実技講習です。
aa23066b993ca61e238ad17430a79479
  落下して、宙に浮いています。

 イサカホームでは、安全第一で工事を進めさせていただきます。



 今月は、水戸展示場で、ほぼ毎日、冬の体感会を実施しております。

また、水戸市内や笠間市内で、全館空調の家や平屋の家の完成現場を個別にご案内をしております。

もちろん、感染対策の上のご案内です。

詳しくは、お電話やHPのお問い合わせでご確認ください。
 
お待ちしております。



 
scroll-to-top-2