今日は、阪神・淡路大震災から25年

  こんにちは、清野です。

 今日1月17日は、25年前の早朝、阪神・淡路大震災が発生しました。 沢山の人がお亡くなりになりました。まさか関西で大きな地震が来るとは、だれもが思っていませんでした。 私も8年前、東日本大震災が起こるとは思っていませんでした。

 大きな災害が起こると多くの方が、住むところが無く避難所そして仮設住宅で、長期間生活しなければなりません。 地震や自然災害はいつ来るかわかりません。 そのためにも日頃から備えを考えておく必要があります。

 私たち地域密着で建築に携わっている地元の建築会社の使命として、そういった災害時の仮設住宅でも、物置のような建物ではなく、少しでも快適に住める建物をすぐ供給できる体制を作っていかなければなりません。 
 
 その為、地域の建築会社が集まり、県や市町村と協力連携し災害が発生した時、すぐに動ける準備を定期的に集まり打合せをしています。 又、大工さん、現場監督を集め座学と実際に仮設住宅を建てて訓練もしています。



IMG_1538
 
 昨日も、つくばみらい市のにのみや工務店さんの展示場を使い会議を行いました。
今回の議題は、2月25日に行う、大工さんや現場監督を対象とした仮設住宅を建ててみる施工講習会に関して打合せました。 やはり定期的に訓練をしておかないと、いざという時ワンチームになれないと思います。 
 
 災害が起こらないのが一番いいのですが、最近の異常気象で、今まで体験した事が無い災害が多くなっています。

 
 ちょうど25日(土)と26日(日)の水戸展示場で行うマイホームフェアでは、地震に強い家づくりや、車を蓄電池として使う方法などこれから家を建てる方には是非見て体験してほしいコーナーが沢山あります。

   オムツ詰め放題もやってます。 皆様のご来場お待ちしております。


3022aa8dd0929da44f10dc8c8b0a72681
1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21