水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.95 気になりませんか?視線の失敗

39d52616edbcc1902c1916facc14f5f3_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間で新築注文住宅をお考えの皆様は、マイホームについて色々と楽しい想像を膨らませていることでしょう。
せっかく建てるマイホームですから、絶対に後悔したくないという方がほとんどかと思います。
今回ご紹介するのは、先にマイホームを建てた先輩方にお聞きした「視線」についての失敗談です。

「窓から入ってくる通行人の視線が気になって、せっかく日当たりのいい家なのにカーテンを開けて過ごせない」
日当たりがいい方向にリビングを作ろうと思って、交通量の多い道路に向かって大きな窓を設置してしまった場合などは注意してください。
間取り図だけではなかなか想像がつきにくい部分ですので、実際に建設予定地に足を運んでどの位置にどの部屋がくるのか配置図で確認しながら、生活する時のことを考えてみましょう。
周囲の状況をよく調査しておくことで、事前に防げる失敗もあります。

視線は外から入ってくるものばかりではありません。
家の中での視線の通り方にも気を付けておきましょう。
例えば、突然の来客時に玄関からリビングまで遮るものがない一直線の間取りだと、生活感丸出しのリビングが玄関から見えてしまい、気まずい思いをしてしまうかもしれません。


他にも視線に関する失敗はありますが、ご家族でよくシミュレーションを行い、それでも疑問に思うこと、気になることがありましたらぜひ、イサカホームのホームアドバイザーまでご相談ください。



9ca4bfffc1d9e9ed089a8fd4ddc87672
1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21