水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.92 新築注文住宅で質の良い睡眠をとるには?

30d5e4d89ac415ad9166e74d97adf1bd_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間で新築注文住宅をご検討中の皆様は、毎日多忙な生活を送られている方も多いことでしょう。
そんな皆様の中には、十分寝たはずなのに疲れが取れない、という悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は睡眠にも質があり、疲れを取りのぞくためには質の良い睡眠をとるということがとても重要です。
質の良い睡眠をとるための水戸・笠間の新築注文住宅の建て方をご紹介しようと思います。


第一に、安眠のためには眠る直前に刺激の強い原色などを目にしないほうがよいとされています。
寝室のカーテンやシーツには淡い色を採用するようにすれば、入眠しやすくなるでしょう。
さらに鎮静作用のある寒色系ならば、神経を鎮め気持ちを落ち着かせてくれますから、水色などの薄いブルー系の色をおすすめします。
その他にも、自然の色に近いグリーン系やブラウン系の色もリラックス効果がありますよ。

第二に重要なのが、スッキリとした目覚めには窓から入ってくる太陽光です。
脳が朝と認識し目覚めるには、朝日を10分ほど目にするとよいと言われています。
朝、水戸・笠間の新築注文住宅に射し込む太陽光で自然と身体の睡眠サイクルが整えられ、質の良い睡眠が取れるようになりますよ。
ですので、寝室には自然と太陽の光で目覚められるような位置に窓を配置すると良いでしょう。

最後に寝室内の温度も重要な要素の一つです。
眠るときに、寝室内の温度が涼しすぎても暖かすぎても眠りにくくなり、体調不良の原因となりかねません。
冷暖房で必要以上に温度を調節するのではなく、高断熱高気密の家とすることで寝室も自然と適温になり、質の良い睡眠をとりやすい水戸・笠間の新築注文住宅を作ることができます。


水戸・笠間で新築注文住宅を建てられる際には、寝室での過ごしやすさにもこだわってみてくださいね。
高断熱高気密の家が体験できるイサカホームのモデルハウスにも、ぜひ一度お越しになってください。



9ca4bfffc1d9e9ed089a8fd4ddc87672
1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21