水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.88 知らなきゃ損!資産価値の高い土地の選び方

91d60edef4910e6dcf46b744f71e3b3f_s
水戸・笠間で新築注文住宅をお考え中の皆様、こんにちは。
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
一生ものの吟味したつもりでいても、やむを得ない転職や転勤で生活が激変し、マイホームを売却しなければならない可能性はゼロではありません。
そのような際に、売値が予想以上に安かったり、ローンの残債よりもかなり少ないという時には、売却できないということも起こりえます。
あまり考えたくはありませんが、今日はそのような事態に備えた住宅の選び方について考えてみましょう。


住宅の資産価値で一番重要なものは何でしょうか?
それは土地のある場所、立地条件です。
戸建てを売却するとなった時に、査定額に一番影響するのが立地です。

そして、その価格を決める目安となるのは、国土交通省が公表している「公示地価」や、国税庁が公表している「路線価」になります。
購入した時よりも周辺環境が良くなっていれば、売却時の価格の下落を抑えられます。
人気のある駅の付近ほど地価は下がりにくく、資産価値も下がりにくくはありますが、新築戸建てを駅前に建てることは、都市計画の問題や物件価格などの観点から難しいため、最寄駅から徒歩20分圏内を目安にするといいですよ。
また、ショッピングモールなどの商業施設や小学校などが近くにある物件も地価が下がりにくいといわれています。

水戸・笠間で新築注文住宅を購入するときは、将来のことも考えて資産価値の下がりにくい物件も考えてみてくださいね。



9ca4bfffc1d9e9ed089a8fd4ddc87672
1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21