水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.79 一度は考えておきたい「家事動線」

0889dca72817b897ce25e90d09c07271_s

イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間で新築注文住宅を考えていらっしゃる子育て世代の共働きのご夫婦は毎日何かと忙しいものですよね。
そこで今回は水戸・笠間で新築注文住宅を建てるとき、一度は考えたい「家事動線」についてお話させていただきます。

「家事動線」といっても何をどうすればいいのかわからないと、よくお客様から聞く言葉です。
家事動線の間取りとして人気があるのは、キッチン・脱衣所などの水回りを中心とした「回遊型」の間取りです。
「回遊」、つまり折り返すことなく回れるということは、2か所以上の出入り口がある部屋同士を隣接させることで家の中を一周するように動けるので、水戸・笠間の新築注文住宅で家事のために動く距離をショートカット(近道)できるというメリットがあります。
また、忙しい朝の時間帯など家族が1か所に集中するときにすれ違うことができない場合にも、回り道として使えるので移動がスムーズになります。
特に家事を担う主婦の方だと、家の中ではキッチンを中心にする動きが多いですから、キッチン周辺を回遊できるようにしておくと、家の中の移動距離が減り、日々の家事の負担を大いに減らすことができますよ。

例えば、主婦の方にありがちな、洗濯機を回しながら差ご飯の準備をする、さらには合間にメイクも...
というような動きも、新築注文住宅の脱衣所とキッチンが隣接していればスムーズに行うことができます。
またキッチンを、対面式のカウンターキッチンにすれば、ご家族とのコミュニケーションも取りやすいですよね。


料理をしながら、お洗濯・お掃除をこなし、大切な家族とのコミュニケーションも図る。
忙しくまとまった時間をとりづらい共働きのご家庭にはとても大切なことです。



イベント
来場予約