水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.78 なぜ家賃がもったいないと感じるのか?

80bc715931a7e4a93be80b96f0c553fa_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。

水戸・笠間で新築注文住宅を建てようと考える方の多くが、『家賃がもったいないから水戸・笠間で新築注文住宅を購入しよう』と思うようです。
ではなぜ皆さんは『家賃がもったいない』と思うのでしょうか?

賃貸に支払う家賃と住宅ローンの支払いとの決定的な違いは、「住宅ローンはいつか支払いが終わる」というところです。
ざっくり計算すると、賃貸の家賃と新築注文住宅の住宅ローンとでは、人生において家に対して支払う金額としてはあまり大差がないかと思います。

ところが、賃貸アパートは狭かったり騒音問題などで近隣に気を遣ったり、さらに駐車場代もかかるのに対して、
水戸・笠間で建てる新築注文住宅なら、お部屋は広々として、お子様が出す騒音にも気を遣うこともなく、駐車場も購入する土地の広さによっては2台以上取ることができます。
しかも、住宅ローンの借主に万一の事(死亡・高度障害など)が起きた時、住宅ローンの残債はなくなります。
団体信用生命保険の組み方によっては、三大疾病にも対応しているものもあります。

万が一があった時、家族の生活を守るためにも、住宅ローンを組むことがおすすめです。
水戸・笠間で新築注文住宅をお考えの皆さん、ぜひ一度よく考えてみてくださいね。



イベント
来場予約