水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.65 万が一のために!団体信用生命保険をご存じですか?

753eaea027d2a36bb4a88c57c1ba6ead_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間で新築注文住宅をお考えの皆様は、団体信用生命保険というものをご存知でしょうか。

「団体信用生命保険」とは、住宅ローン契約者が万が一亡くなられた、もしくは高度障害となり住宅ローンの支払いが不可能となってしまった場合に、住宅ローンの残債を肩代わりしてくれる住宅ローンは専用の生命保険です。

あまり考えたくないことですが、ローン契約者に万が一のことがあって住宅ローンの支払いが不可能になってしまうと、せっかく建てた新築のマイホームを手放さなくてはならなくなってしまうかもしれません。
団体信用生命保険はそういった万が一の時のための備えとして加入するものですが、それだけではなく、実は団体信用生命保険はお金を貸す側である金融機関にとっても重要な役割を持っています。
金融機関はローンの対象となる土地と建物を担保にして住宅ローンを提供しています。
しかし借主が支払いができなくなった際に土地と建物を差し押さえても、ローンの残債以上の値段で売れる保証はありません。
万が一の場合に支払いが不可能になっても、保険金でローン残債が返ってくるので金融機関側からしてもリスク回避の役に立つというわけです。
そのため、フラット35以外の金融機関で住宅ローンを借入する際には、団体信用生命保険に加入することが必須となっています。


では団体信用生命保険に加入するためにはどのような項目が問われるのでしょうか。

保険会社によって多少の違いはあります。
その一例として下記の項目が挙げられます。

・最近3か月以内に医師の治療・投薬を受けたことがあるか。
・過去3年以内に特定の病気で手術を受けたこと、または2週間以上にわたり医師の治療・投薬を受けたことがあるか。
・手・足の欠損または機能に障害があるか。
 または背骨(脊柱)・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害はあるか。

健康上の問題で団体信用生命保険に加入することができない場合には、どれだけ信用のある職業であっても、収入が安定していても、住宅ローンの借り入れができないこともあります。
住宅ローンが借りられるかどうかは、この団体信用生命保険を契約できるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

水戸・笠間で新築注文住宅をお考えの皆様、団体信用生命保険について疑問点や気になることがある場合は、イサカホームまでお問い合わせください。
担当者が詳しくご説明させていただきます。



9ca4bfffc1d9e9ed089a8fd4ddc87672
1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21