水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.61 新築のマイホームでリラックス♪くつろげるデザインのポイント

T2F2022
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間で新築注文住宅をお考えの皆様は、毎日の帰宅が楽しみになるような整理整頓されてリラックスできるお家にしたいのではないでしょうか。
イサカホームの注文住宅は自由設計ですので、建売とは違い様々なオプションでマイホームに自分たちだけの個性を持たせることができます。
モデルハウスや完成現場見学会などをご覧になっていただくと、「これも付けたい!ああいうのもいいなぁ!」など、色々と取り入れたくなってしまいますよね。
もちろんご予算には限りがありますから取捨選択していただくことにはなりますが、絶対に欲しいもの、まあなくてもいいかな、というふうに分けていくのもなかなか大変ですよね。
そこで今回は、お客様それぞれに合った整理整頓しやすいお洒落なお家を作るポイントをご紹介します。


1.キッチン
基本的に毎日使うキッチンですが、毎日使うからこそ整理整頓がなかなか難しく、せっかくはじめはお洒落に整えてもそれを保つのが難しいですよね。
キッチンの整理整頓には、小さくてもパントリーがあると整理整頓が捗ります。
ストックしておく食材のほかにも、使用頻度の低い調理器具などをスッキリ収納し、雑然としていないお洒落な空間を保ちやすくなりますよ。


2.洗面室
洗面室はタオルや洗剤など、日用品をストックしておくことが多く、物で溢れてしまいがちですよね。
壁面に可動棚をつけておけば、仕舞うものによって棚の高さを変えられて、余裕をもって収納することができます。
お洒落なかごを使ってみせる収納にしてもいいですし、扉をつけてしまえば来客時も安心です。


3.LDK
家族が長い時間を過ごすLDKには、家族それぞれが物を持ち寄っていろいろなものが集まります。
新聞や雑誌、お子様のおもちゃやリモコンなど、頻繁に取り出すものは引き出しなどに仕舞いこんでしまうと不便です。
せっかくの新築注文住宅ですから、こういったものに居場所を作ってあげると後から家具を買い足してスペースを圧迫することもありません。
例えばリビングの一部に家族で使える造作のワークスペースを作り、その上部には吊戸棚を設置して雑誌や本を収納したり、キッチンカウンターを設けているなら、その下に造作の棚を設置するのも収納力アップにはおススメです。
絵画などを飾るスペースも考えて作ると、収納とインテリアのバランスがとれてお洒落なLDKになります。


4.玄関
来客時に一番初めに見られるのは玄関周りです。
散らばりやすい靴はシューズクロークに仕舞いましょう。
また、シューズクロークからも上がれるようにしておけば来客用と家族用に簡単に玄関を分けられます。
そして、収納だけの殺風景な玄関では寂しいので、ディスプレイスペースとしてのニッチや、目線高さがオープンになっている棚などがあれば、インテリアを飾ってセンスのいい玄関になりますね。



いかがでしたか。
収納とインテリアのバランスがお洒落な空間には大切なことがわかっていただけたでしょうか。
イサカホームには女性のインテリアコーディネーターがおりますので、新築注文住宅にどんな収納がどの場所に必要なのか迷ったときにはぜひお気軽にお声がけください。


3022aa8dd0929da44f10dc8c8b0a72681
1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21