水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.54 新築注文住宅のよくある失敗談〈コンセント編〉

7f208a16dec5615ebe39d70c2ce96e90_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間ではじめての新築注文住宅を建てようと思うと不安なことが次々とでてきてしまいますよね。
そもそも何がわからないのかもわからないといった状態になってはいませんか。
しかし新築注文住宅を買うというのは人生に何回もない大きな買い物ですから、絶対に失敗はしたくないですよね。

まずは水戸・笠間での新築注文住宅についてよくある失敗を学び、同じ失敗を繰り返さないようにすることが一番の対策です。

その中でも、今回は「コンセント」についての失敗を取り上げていきたいと思います。


コンセントの配置
皆さんは部屋の模様替えをするとき、コンセントの位置を意識してレイアウトしますよね。
水戸・笠間で新築注文住宅を建てるとき、コンセントの位置は家具や家電の配置を決める重要なポイントです。
しかし模様替えの際は意識するコンセントは意外と新築をするとなるとつい忘れてしまったり、後回しにしたりしがちです。
コンセントの位置が悪いと、家具や家電の配置が難しくなり、家事のしにくいレイアウトになってしまったり、延長コードを使うことになって部屋の見栄えが悪くなってしまったりします。
さらにはタコ足配線になってしまうことで火災の起こる危険性が増します。

新築注文住宅を建てる際には、部屋の間取り、家具・家電のレイアウトとコンセントの位置は同時に考えるようにしましょう。
部屋のどこに家電を置いて使うのかをイメージしてみれば、新築注文住宅のコンセントの必要数と配置が自然と決まってくるでしょう。
見落としがちなのが、パソコンやスマホの充電場所、季節ものの扇風機や加湿器などの細々した家電です。
大物の白物家電はあまり配置換えなどはしないと思いますが、小さな電化製品は位置を変えることも多いでしょうから、コンセントの位置に融通が利くと便利ですよね。
またコンセント以外にも、照明のスイッチの位置も家を建てた後には変えられませんので最初からしっかりと考えて設置しましょう。



3022aa8dd0929da44f10dc8c8b0a72681
1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21