水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.51 子育てのしやすい間取り

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間で新築注文住宅が欲しいと思うタイミングの一つに、お子様が生まれたからということがあげられます。
そのようなご家族のご要望として「子育てのしやすさ」が水戸・笠間で新築注文住宅を購入する際の重要なポイントになるかと思います。

そこで今回は「子育てしやすい家」とはどんな家なのかご紹介します。

1.大容量がおすすめ
おもちゃや子供服、学校での工作の作品などお子様関連のものはどんどん増えていきます。
もちろん捨てたり他の人に譲ったりするものもあることでしょうが、なかなか捨てられないものや大事にしまっておきたいものもたくさんあるでしょう。
そうするとご夫婦二人だけの時よりも必要な収納スペースがぐっと増えます。
水戸・笠間で新築注文住宅を検討の際は、数年先までを想定してなるべく大容量の収納を作っておくことをお勧めします。


2.目線が届く広々リビング
お子様が小さいうちは、自分が家事をしていても目の届くリビングで遊ばせておくという方が大多数です。
ですので、リビングはお子様が広々と遊べるように大きめにとるといいでしょう。
またその際には、リビングを見渡せるキッチンにするなど、様々な場所から目線が届くような間取りにするとより安心ですよね。
お子様もお母さんの顔が見えますし、何かあったときにすぐ対処が可能です。


3.大きくなった時の子供部屋
お子様がある程度大きくなったら、子供部屋を与えたいと思うご家族が多いです。
その時になって「余分な部屋がない」という事態にならないように、将来のライフスタイルの変化も想定して、部屋数・間取りを決めましょう。


4.家事動線を考えよう
お子様が心穏やかに成長するためには、ご両親も穏やかに接することが肝要です。
移動がしづらい、物が取りづらいなど一つ一つは些細なことでも積み重なるとイライラしてきませんか?
ですので、普段の料理や掃除、洗濯などの家事のしやすい家事動線を意識した間取りが重要になります。
自分だったら家事をするときにどう動きたいかをよく考えて、快適に家事ができるようにしましょう。



いかがでしたでしょうか。
お子様がお生まれになったご家庭では、生まれる前までとは意識するポイントが違ってきますよね。
おひとり育てるだけでも子育ては大変です。
ポイントを押さえた間取りでその大変さを少しでもカバーできるようにしましょう。
その際のご相談はイサカホームのモデルハウスにてお尋ねください。




1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21