水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.45 リビングイン階段

DSC05351
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間で新築注文住宅を検討しているとき一番楽しいのは、やはりどのような住宅にしようかと考えている時ではないでしょうか。
ご家族でこれから長い時間を過ごすことになるわけですから、居心地のいいお家にしたいですよね。
特にお子様がある程度大きくなった時のことを想定して、間取りを考える方も多いようです。
今回はそんなお子様をお持ちのご家族に人気の「リビングイン階段」について話していきますね。


リビングイン階段とは?
リビングイン階段とはその名の通り、リビングの中に階段を取り入れた間取りのことをいいます。
お子様に反抗期が来ると、帰宅してリビングに一切顔を出さずに2階の子供部屋に行ってしまわないか心配ですよね。

リビングイン階段なら、お子様が2階の子供部屋に行くためにはリビングを必ず通る必要があるので、コミュニケーションの機会を増やすことが可能なのです。
ですから、家族のコミュニケーションの機会が増えるリビングイン階段は子育て世帯にとても人気があります。

それだけではなく他にも、リビングイン階段には様々なメリットがあります。

一例を挙げると、リビングイン階段なら独立した階段のスペースを設けなくともよく、リビングは廊下と融合したような形になりますから、リビングに奥行きが生まれ開放的な空間づくりをすることができます。
ただ2階の部屋とリビングがつながってしまうことで、冷暖房の効果が下がってしまうことも考えられます。

しかしこういった問題は住宅の断熱性能を向上させることで緩和可能ですし、階段にロールカーテンやパーティションをつけるなどして、空気が2階に上るのを遮ることもできます。

リビングイン階段を導入して、コミュニケーションが活発な家庭にしたいですね。
水戸・笠間で新築注文住宅をお考えのご家族はぜひご一考してみてください。


9ca4bfffc1d9e9ed089a8fd4ddc87672
1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21