水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.135 土地を買うタイミング

5000621_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間で土地探し中のお客様からよく聞かれることがあります。

「土地の購入は、他の皆さんはどのぐらい見てから決断されているんですか?」

これはもしかすると永遠のテーマかもしれませんね。
不動産は大きな買い物ですから誰しも損をしたくないと思いますし、一番いいものを手に入れたいと思うものです。
実際に土地を見に行った時にとても気に入ったとしても、それを購入するかどうかの決断を迫られたときに皆様はこう思うはずです。

「これで決めてしまっていいのだろうか...」
「ほかにもっといい土地があるんじゃないか...」

では土地を購入した方はどうやっって決断したのでしょうか。

「勢い」「直感」「第六感」などという方もいるでしょう。

土地の購入を決めるタイミングというのはプロポーズに似ているかもしれません。
お相手と出会い、この人と結婚したらどうだろうかと考え、ここだ!と思ったタイミングでプロポーズをしますよね。
土地の購入もそれと似ています。
そのためタイミングというものがありますし、機を逸してしまうと同じ機会は巡ってこないかもしれません。
「これしかないからこれで我慢しておこう、仕方ない」などとマイナス思考での土地の購入はなるべくしたくないものです。
やはり「ここがいい!間違いない!」と思って前向きな気持ちでしたいですね。

気に入った土地が出てきたときは、もう一度その時点で売りに出されているほかの土地も見渡してみましょう。
平たく言うと「ほかにいい土地がないか」の確認をします。
もしかしたら、もう少し後になって今よりももっといい土地が出てくるかもしれませんし、やっぱり出てこないかもしれません。
そして「今、買うべきなのか」を再度、パートナーや自分自身に問いかけてみましょう。
「時期尚早ではないか」「今のタイミングでいいのか」その点をよくよく考え、納得がいったなら思い切って購入するときです!
土地の購入を決めた後は、「きっと自分にとってここが一番いい土地だ」と選んだ自分に自信をもってそう信じましょう。

マイホームを持つということは、自分の城を持つということです。
自分を信じて持った城はきっと愛着のある素敵な住まいになることでしょう。


イベント情報
来場予約