水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.129 学校の近くにマイホームを建てるメリット・デメリット

4014406_s
水戸・笠間で新築注文住宅をお考えの皆様こんにちは。
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。


新築を検討している子育て中のご家族にとって、お子様の通う学校までどのくらいの距離があるのかも気になるポイントですよね。
実際、学校の近くの土地を購入希望という話もよく聞きます。

確かに通学距離が短くなることで、事件や交通事故などに遭う確率も低くなり安心できますし、運動会や授業参観など学校行事がある場合にもすぐに向かうことができますね。
また、お子様の立場に立って考えてみても、友達と遊ぶ時は学校から近ければ待ち合わせがしやすいですし、友達を家に呼びやすい環境でしょう。
低学年のうちは重たいランドセルを背負ってなん十分も歩くというのは大変ですから、学校まで徒歩15分以内の範囲をご希望される方が多くいらっしゃいます。

このように学校から近い場所に新築住宅を購入することにはメリットが多いように感じられますが、反対にデメリットとなることも多数ございます。


例えば、新築住宅から学校までの距離が近すぎた場合、朝から夕方までチャイムの音が続きますから、それをうるさく思うこともあるでしょう。
また、風が強い日に校庭の砂が飛んできて、窓を開けておくと室内が砂でざらざらとしてしまったり、学校から帰ってきたお子様が毎日友達を呼んでしまってたまり場になってしまうというというデメリットもあるようです。


土地や住宅購入の際には、メリットとデメリットをよく考えてから、自分たちにとって学校からどれくらいの距離に家を建てるかを検討してみてくださいね。



イベント情報
来場予約