水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.127 モデルハウス見学時のチェックポイント

LUNA86361
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
今回は「モデルハウスを見学する際に見るべきポイント」についてお話していきます。

マイホームの購入を決める前にぜひ見学しておきたいモデルハウスですが、漫然と見学してしまうとただ無駄に時間を消費しただけになってしまいます。
モデルハウスのどこを見て、どのような点を確認したらいいのか、事前の準備をしっかり行う必要があります。

その準備でまず大切なのが、持ち物をそろえることです。
必需品はペンなどの筆記用具とメモ帳です。
帰宅後に改めて確認する用にデジタルカメラもあると良いですね。ただし、住宅会社によっては撮影禁止のところもあるので、事前に確認しておきましょう。
最近はスマートフォンがあればすべて賄えちゃいますから、忘れずに持っていくようにしましょう。

また、モデルハウスと同等の大きさの住まいにする予定なら、計測用のメジャーもあると便利ですよ。
モデルハウスでパンフレットなどをもらうでしょうから、それらをまとめられる大きなバッグや袋(こちらはもらえることも多いです)があると良いでしょう。

もう一つ、事前の準備で大切なことが質問内容をまとめておくことです。
予めわからないことや不安に思うことをメモにまとめておけば、現場でスムーズに質問できますし、聞き忘れてしまうこともなくなります。
もちろんその場で疑問が生じたときには、遠慮せずどんどん担当営業に聞きましょう。


住まい探しに悩む人にとって、モデルハウスの見学は参考になるところが大いにあるはずです。
ただし、自分から積極的に情報を収集し、担当営業にどんどん質問をしてこそ有意義な見学となります。
住まい探しは夢のマイホームを実現させるための大事なパートナーを選ぶことでもあります。
営業がどんな人なのか、対応の様子や話し方などもよく見て、自分と話が合う人なのか、相性の良い人なのかを確認しましょう。
モデルハウスのどこを見たいのか、何を確かめたいのかを明確にしてから見学に臨むことが大切です。



イベント情報
来場予約