水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.122 住宅ローン審査時に注意すべき6つのポイント②

2224633_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
水戸・笠間で新築注文住宅をご検討中の皆様、前回はローン審査時に必要な項目を見ていきましたね。
住宅ローン審査でみられるのは基本的に借主に長期で返済する高額なローンを貸しても返済できる能力があるかどうかです。
とはいえ意外な落とし穴がないとは限りませんから、住宅ローンの審査の時に大切なポイントは抑えておいた方が良いでしょう。
今回は前回の続きを話していきます。


4.担保評価
銀行は支払が滞った時に、残額を回収するために物件を担保にします。
そのため建売などを購入する際、その物件にローンの額分の価値があるのかどうか調査します。

5.ご職業
安定した収入の続く見込みのある職業なのかどうかをチェックします。
また借主の職業(会社員・公務員・自営業など)により、必要となる書類が異なってきますので注意しましょう。

6.現在のローン状況
車のローンやカードのキャッシングなどを調査します。
過去に延滞があった場合などはこの時の調査で分かってしまいますので、事前に個人情報開示請求を行い、問題がないかどうか確認しておきましょう。


以上、前回と合わせてこの6つのポイントがローン審査時に大切なポイントとなります。
金融機関により基準等は少々変化しますが、基本のポイントを押さえておけば住宅ローンを借りられる可能性が高くなります。
皆さんもぜひ現在の自分の状況を確認してみてくださいね。



イベント情報
来場予約