水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.113 いきなりの仮審査の危険性

413186_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
新築住宅の住宅ローンは約3割の方が否決される審査は甘くありません。
何の知識もないまま、いきなり住宅ローンの仮審査を申し込むのはリスキーです。
万が一仮審査が通らなかった場合、その金融機関ではその後も住宅ローンの審査が通らない可能性があります。

そして、住宅ローンは借りる金融機関によって利息などが数百万円もの差がつくというのはよくある話です。
水戸・笠間で新築住宅を建てられる方にとって一番条件のいい金融機関の住宅ローンが、何もわからないうちに仮審査を申し込んで否決されてしまったら大きな損害です。

さらに、組もうとしているローンの額が、ご自身にとって無理なく支払っていける金額かどうかも重要なことです。
まずは無理のない借入額はいくらまでなのか、その額で希望通りの家が建てられるのかを学ぶ必要があります。

弊社では住宅ローンアドバイザーの資格を持ったスタッフが、豊富な知識と経験からお客様の希望に叶うローン計画をご提案いたします。
また、住宅ローンの仮審査に通りやすくするための綿密な計画をお客様とご一緒にお立てします。

水戸・笠間での新築住宅購入を、一生に一度の買い物だと思い、せっかくだからとあれもこれもとオプションを付けてしまって、返済が厳しい借り入れ額になってしまう方もいらっしゃいますので、住宅ローンの計画と同時にしっかりとしたお家づくりの計画もとても大切です。
一生に一度の大きな額を借りる住宅ローンだからこそ、損のないローン計画を立てることが重要なのです。



イベント情報
来場予約