水戸・笠間新築注文住宅コラムvol.111 見学会で押さえておきたいポイント

788441_s
イサカホームの新築注文住宅事業部、水戸・笠間店の柴田です。
今回は水戸・笠間で新築注文住宅を建てたいとお考えの皆様に、モデルハウスや完成見学会などで実際に建物をご覧になる際にどういったポイントを見ていけば良いかをお伝えしたいと思います。


間取りは参考程度
当たり前のことですが、モデルハウスや完成現場見学会の間取りはお施主様の趣味や希望により作られたものです。
ですので間取りの好き嫌いにはあまりこだわらずに、こんな間取りもあるんだなという参考程度にするのが良いでしょう。


エアコンの室外機とダクトの位置
間取りの打ち合わせで意外と難しいのがエアコンの配置になります。
・部屋がスッキリして見えて、エアコン効率の良い位置
・外から見たときの室外機やダクトカバーの目立たない位置や色
・室外機の熱風がご近所の迷惑にならないよいうな配慮
等々、水戸・笠間で新築注文住宅を建てる際には気を付けるべきことが様々あります。


照明の配置
最近はダウンライトをメインに使うインテリアコーディネートが人気です。
ですので、無暗に設置しないようダウンライトの配置にも気を付けたいところです。
写真や絵画、エコカラットなどの目立たせたい場所に光が当たるように配置するのはとても効果的ですね。
しかし、水戸・笠間で新築注文住宅を建てる際にダウンライトの配置の仕方が良くないと、冷蔵庫やレンジフードなどに照明が当たるようになって、目立たせる必要のないところを強調することになってしまいます。


他にもスイッチやコンセントの位置、使い勝手などポイントは様々ありますが、水戸・笠間で新築注文住宅を建てようとされている皆様にモデルハウスや完成見学会で見ていただきたいのは、その会社がどのような気遣いをして設計をしているのかということです。
細かい点まで配慮している会社なら安心して依頼することができますよ。



88fb56d0df64b2ccc7704c89ea963631
来場予約