かしこい敷地選び

家づくりにはこの土地選びも大切なポイントです。敷地の条件には様々な要素がるので一概に言えませんが、私達が土地選びで大切に思っているポイントの一部を紹介します。
立地街並み
(1)立地

その土地で生活するに当たっての周辺環境です。
近隣にどのような建物があるか、駅からの近さや、スーパーや学校、公共施設までの距離は言うまでもありません。周辺の街並や景色、太陽や風がどのように入ってくるのかといった土地の方位も押さえるべき重要なポイントです。希望する地域では、どんな住環境が得られるかをまずは確認しよう。
法律上の制約
(2)法律上の制約

自分の土地であっても、好きに家を建てることが出来ないケースがあります。その土地に建てられる建築面積と延床面積に関しては、用途地域に応じて細かく決められています。それ以外にも、土地と道路との距離、建物の高さ、隣地との関係などのいろいろな決まりがありざ土地を買って建てようとしたら法的規制でダメだった、ということのない様、事前に確認しましょう。
例えば、敷地は前面道路(自動車専用道路を除き)に2m上接していなければなりません。幅4m未満の前面道路の場合は、建てるときに敷地の一部が利用できないことになりますので注意が必要です。これは交通や安全の確保、火災時の消火や避難活動のために消防車の侵入が妨害されないことなどが理由です。また、前面道路が私道の場合は権利関係を要チェックです。
軟弱地盤
(3)地盤や災害

建物は基礎部分によって支えられていますが、その基礎を支えるのは地盤です。土地によって地盤の強さに差があります。強い地盤であれば、そのまま建物を建てることができますが、軟弱地盤の場合は地盤補強が必要となります。地盤や災害の情報は、公開されているものは調べることも可能です。自分の土地が造成を行った土地なのか、可能な限り情報を入手したいところです。
軟弱地盤に普通の基礎で家を建てると地盤の不同沈下により基礎に亀裂が入ったり、基礎が壊れたり、家が傾いたり、雨漏り、モルタル壁の亀裂など、家がいたんでいきます。それ以上に地震では地盤に亀裂、沈下、崩れなどが生じ家屋に被害をおよぼします。ですから軟弱地盤では地盤の不同沈下に耐えられ、多少の地震でも破壊されないようにしっかりとした地盤基礎強化をしていきましょう。

step_btn
家づくりの費用ボタン
税制優遇・補助金ボタン