家づくりの費用

家を建てる場合、どれくらいのお金が必要になるのでしょうか?それにはまず、家を建てるのにどのような費用が発生するのか知っておくと分かりやすくなります。
three_costs
同じ面積でも形状や長さで金額が違う
家づくりの75%の費用が掛かるのがこの本体工事費です。
本体工事費とはその名のとおり、家本体の工事に必要な費用のことを言います。更地の状態から家をつくり住めるようにするまでに必要となる金額です。

※一般的に坪単価で表示されている金額です。
※間取り・設備によって本体工事費が変わっていきます。
付帯工事費」とは建物本体以外の全ての工事にかかる費用のことです。
付帯工事一例
諸費用
家以外にかかる費用を「諸費用」と呼びます。
引越の費用、税金やローンの契約、家具や電化製品など工事以外でかかる費用のことです。その他には建築確認申請費用、手数料、火災保険などに必要となってきます。諸費用は工事費ではないため住宅ローンで借りることができません。
自己資金として用意しておく必要があります。諸費用の目安として家の本体価格の1割〜2割くらいです。
家づくりの費用は、年収の5~6倍が目安


step_btn
shikichi_btn
税制優遇・補助金ボタン