現場ブログ

工務の大島です。

先日、天井リフォーム工事を施工させていただきました。
築25年前新築で建てられて12~13年前にリフォームされたそうです。
東日本大震災の影響で居間の天井材が浮いてしまい落ちてきそうなのでリフォームしたいとの事
で施工をさせていただきました。
DSCN3582
before

浮いているのをテープで押さえている状況です。
DSCN3677
施工中

天井の補強と不陸調整施工中です。

DSCN3680
after

完成です。
仕上材は大建工業のクリアストーンを使用しました。
icon_before
KIMG0321
こんにちは 工務 大島です。

before

階段廻り枠材の傷補修を行いました。





icon_arrow_right
icon_after
de4f3da8fb699c47a3d3c20d89a8afd2


after

綺麗に目立たなくなったかなと思います。
こんにちはアフター担当髙村です。

今回は築10年洗面化粧台の水栓交換作業しました。
水栓金具は10年前後で内部のパッキンの劣化、シャワーホースの亀裂がみられます、シャワーホースの亀裂は下に水が漏れて
気付きにくいので十分注意しましょう
1497517754917
 既存水栓
1497517762627
 既存水栓外し
1497517767628
 new水栓取付完了
59274654f443fa5de8ba0639a823e4c7
こんにちは  工務の鈴木です。

梅雨に入り現場的には嫌な時期になりました
先月末に上棟した水戸市の二世帯住宅を紹介します。

今回の二世帯住宅は1軒、1軒をそのままつなげた感じで玄関、お風呂、キッチン、トイレが全部2台ずつあります。
玄関が2つある二世帯住宅は久しぶりのような気がします。

建坪は52坪とさすがに大きな住宅になってまして大工さんの人数をいつもより増やしての上棟となりました。この日は天気もよく逆に暑いくらいで、こまめに水分を取りながら行いました。
夕方までに棟をあげるのが精一杯ですごく建物の大きさを実感しました

基礎の時点でも大きかったのですが建ってみるとそれ以上に見えるとお客様もビックリしていました。

これからもお客様に満足していただけるよう進めて行きます




こんにちは 大島です。

ドルゴ通気弁について
お風呂・トイレなど一度に大量の排水を行った場合、排水管内の気圧が急激に下がり、他の場所にある排水管のトラップ内の水が吸い出されてしまうことがあります。すると、
管内の嫌な臭いが排水口から上がってしまう事になります。(洗面所等で一度に大量の水を流すとゴボォ・ゴボォという経験がある方も多いはず・・・)
この現象を防ぐために使用するのが『ドルゴ通気弁』です。

DSCN3089
配管の上のある白い筒が『ドルゴ通気弁』です。


a2ac32a3a73c18d9e5fa1438ce58e1ce
scroll-to-top