スタッフブログ

 こんにちは、清野です。

今回は東京品川にあるYKK AP体感ショールームを紹介します。




IMG_9699

ここはプロユーザー向けの「窓」の性能をご体感いただける体感型施設です。



9d3d94cd45fa87f7b18b8a0f0300db9c1

体感ショールームには、最新のサッシや近未来の玄関ドアやサッシの展示がまずありました。

こちらの玄関ドアは、全面ガラス面に好みのドアのデザインを映します。


IMG_9690

写真は、玄関ドアのガラス面にに天気やTVカメラで来た人が映されます。


474dc141f043a0b7cbc59c49d8e11fef

 続いて撮影禁止の窓の性能体感ゾーンがあります。
断熱性能の違いによる5つの部屋があり、昭和55年の家から
パッシブハウスまでありました。
性能が悪い家だと部屋間、上下間の温度差があり、
性能が上がるにつれて、温度差が少なくなっているのが体感できました。

また、サッシの配置による通風の違いが目で見てわかるブースがありました。

単純に引き違い窓よりタテスベリ窓2つ設置した方が、

断然通風換気が出来るのが、わかりました。

これは、どんどん設計に取り入れたいと思いました。

次にサッシ、ガラスによる性能が分かるブースがあります。

サッシの種類やガラスの種類による断熱性や遮音性能が全然違いました。

最後にイサカホームで標準採用している樹脂サッシの耐久性が

分かるコーナーがありました。

YKKの樹脂サッシは、1982年から有り実に37年の歴史があります。

実際に初期の樹脂サッシの展示もあり耐久性も心配ないです。

高性能な樹脂サッシは、環境やエコ意識が高いドイツやアメリカでは、

65%のシェアで使われています。日本では、まだまだの20%くらいです。


イサカホームでは、20年前から樹脂サッシを使っています。

イサカホーム水戸展示場でも、サッシの体感コーナーがあり、ガラスの性能や枠の性能の違いが体験できます。

皆様、イサカホーム水戸展示場でお待ちしております。

1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21
3022aa8dd0929da44f10dc8c8b0a7268

昨日から始まりましたイサカホーム 「新春マイホームフェア」1日目が大盛況の元、終わりました。

ef1bcd1434880dd2ac110b69385b2180

スライムやコースターを、親子で楽しく作っています。
スライムの材料は防蟻処理に使うホウ酸です。お子様が遊ぶスライムに使っても安全ということです。

スライムの方が、大盛況の為今日は有るだけプレゼントのみになります。ごめんなさい!!


cc5337e26b4ab6456d5862e61d05b8ef

地震対策の制振ダンパーの実験です。

V2H

V2Hの説明です。


今回のイベントでは、災害に強い家づくりの秘密を実験や体感を通して実感してもらっています。

今日も、ワイワイやっていますので、遊びに来てください。




IMG_2054
新地域区分で茨城県のほとんどが5地域です。(外皮平均熱貫流率UA値0.87以下)
IMG_2056
建築士から建築主に対する省エネ性能の説明義務制度
IMG_2057
省エネ基準改正にともない、もっと理解していかないと・・・
IMG_4440
こんにちは~園部です

週末、大阪京都に行ってきました
今回のご紹介は『南禅寺』です。
石川五右衛門が、歌舞伎の中で『絶景かな!絶景かな~!」のセリフで有名な三門に上り、その風景を見てきました
残念ながら桜は咲いていませんので、その美しい風景は見れませんでしたが、まず三門の大きさに感激しました!!
事務の小森さんと記念写真を撮ったら、光の反射でとてもきれいな神々しい写真が何枚も撮れていてびっくりしました


IMG_4452
三門の上からの絶景です
階段がとても急で上るのが大変でした。

IMG_4473
そして京都を代表する景観の1つ、水路閣。
ここでもきれいな写真が撮れました
いいことあるかも
  こんにちは、清野です。

 今日1月17日は、25年前の早朝、阪神・淡路大震災が発生しました。 沢山の人がお亡くなりになりました。まさか関西で大きな地震が来るとは、だれもが思っていませんでした。 私も8年前、東日本大震災が起こるとは思っていませんでした。

 大きな災害が起こると多くの方が、住むところが無く避難所そして仮設住宅で、長期間生活しなければなりません。 地震や自然災害はいつ来るかわかりません。 そのためにも日頃から備えを考えておく必要があります。

 私たち地域密着で建築に携わっている地元の建築会社の使命として、そういった災害時の仮設住宅でも、物置のような建物ではなく、少しでも快適に住める建物をすぐ供給できる体制を作っていかなければなりません。 
 
 その為、地域の建築会社が集まり、県や市町村と協力連携し災害が発生した時、すぐに動ける準備を定期的に集まり打合せをしています。 又、大工さん、現場監督を集め座学と実際に仮設住宅を建てて訓練もしています。



IMG_1538
 
 昨日も、つくばみらい市のにのみや工務店さんの展示場を使い会議を行いました。
今回の議題は、2月25日に行う、大工さんや現場監督を対象とした仮設住宅を建ててみる施工講習会に関して打合せました。 やはり定期的に訓練をしておかないと、いざという時ワンチームになれないと思います。 
 
 災害が起こらないのが一番いいのですが、最近の異常気象で、今まで体験した事が無い災害が多くなっています。

 
 ちょうど25日(土)と26日(日)の水戸展示場で行うマイホームフェアでは、地震に強い家づくりや、車を蓄電池として使う方法などこれから家を建てる方には是非見て体験してほしいコーナーが沢山あります。

   オムツ詰め放題もやってます。 皆様のご来場お待ちしております。


3022aa8dd0929da44f10dc8c8b0a72681
1fac658d094318ef8eebc1fdb2627cb21
scroll-to-top-2