スタッフブログ

 こんにちは、清野です。 3月20日今日は、お彼岸の中日、みなさん、お墓参りは行きましたか? 
私は、先日行ってきました。 私が今いるのは、父母、祖父祖母、ご先祖様のおかげです。
生かされていることに感謝です。
 
 今日は、高気密高断熱住宅の「気密」について、お話しします。 隙間が少ない家を、高気密
(こうきみつ)住宅といいます。
 住宅には、床、壁、天井、あらゆるところに、目に見えない隙間があります。 
住宅の隙間の量(気密性能)を、隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)、C値と言います。
数値は、家全体にある隙間面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割ったもので、単位はcm2/m2で表し、
この数字が小さいほど気密性が高い家になります。 
 隙間相当面積は平成25年度までの基準の次世代省エネルギー基準では、茨城は5 cm2/m2で、
北海道では2 cm2/m2が基準値になっていました。  隙間相当面積は、実際の建物で気密測定をして実測できます。 
 イサカホームの家は、1cm2/m2以下が基準です。 北海道の基準より気密がいいです。 
db362dc14b27c59a2783fce9698525d8
住宅の気密を測る装置です。
5b357a11037ab6c67ae9b74b23b6c1fa
イサカホームで測った時の実際のデータです。
イサカホームの家は、外断熱工法で柱の外側に、靴の“瞬足”で有名なメーカーアキレスの「キューワンボード」という高性能な板状の断熱材を貼ります。さらに断熱材と断熱材のつなぎ目に気密テープを貼っていきます。  気密テープを貼ることによって、隙間がない家ができます。
34da62ded9f868564b551057196ed13f
壁の断熱の施工
(黒い部分が気密テープ)
a153d4d2087b2eb34eca2d4389ddced7
屋根断熱の場合の施工
隙間がないことで雨水等の侵入も防いでくれます。 隙間が少ない家は、冷暖房の熱が逃げにくいので、冬は、暖かかく、
夏は涼しい家が実現できます。一度暖めたら、魔法瓶と同じで冷めにくいので、ランニングコストも安く済みます。 
また、壁の中などの結露を防止でき、風などの影響に左右されない計画的な換気ができます。
部屋の換気に関しては、建築基準法で、平成15年から2時間に1回、空気を入れ替えることが、決まっています。

 

7c64664b4e35ed0564300633281d881b
 是非、イサカホームの展示場で、高気密の体感をしに来てください。
 次回、高断熱、結露の話、換気のお話をしたいと思います。 
 イサカホームの家は、外断熱で高気密高断熱住宅です。

a97784419eb5c8fbaf41bc251ebc3afa
b9e46f976a691036156b32a84b5fa699
こんにちは園部です
もうすぐ桜の時期ですね
桜吹雪の下を歩くのがいまから楽しみです。

最近平屋がとっても人気です。
展示場にご来場いただくお客様でも、平屋の間取りないですか~?
とお越しいただくことが多くなりました。
子供が独立して夫婦だけになったから~!とか。
階段がなくて移動が楽だから~!とか、理由はいろいろです。
でも、シニアだけでなく若者にも人気なんですよ。
移動が楽。
動線が短い。
掃除が楽。
などなど、住みやすさが魅力的ですね。
お子様が小さければ、どこにいても目が届きますし、お年頃のお子様が部屋にこもる!なんてことも減るかもしれません。
高気密高断熱のイサカホームですから、お部屋のドアを開放しておけば、お部屋間の温度差もなくなって健康にもやさしいおうちになります。
こんな生活がしたいから平屋がほしい!とお話ください。
生活スタイルに合わせてご提案させていただきます。
小さい平屋から大きい平屋まで、イサカホームで建てた建築事例もたくさんありますし、園部も今から平屋の建築に入りますので、間取りが気になるという方は、是非お問い合わせください。
お待ちしております






こんにちは、櫻岡です

3月に入っても、まだまだ寒いですよねぇ体調崩さないように気を付けてくださいねぇ

さて、今日は平屋住宅についてご紹介します。


DSC01210
平屋は、防犯対策がとても重要になります

平屋の特徴でもある、すべて1階で生活できるということ

階段がなく、家族とのコミュニケーションがとりやすいこと

動線が短くすむこと

外とのかかわりが身近であること

洗濯物が干しやすいこと

などメリットはたくさんあります。

しかし、すべて1階にお部屋があるということは、外からの目線も気にしなければならないということになります。

土地が広くて、道路から見えないのが理想ですが、難しいですよねぇ

では、対策としてどうしたらよいでしょうか?

考えられる部分としては、まず、土地に対して建物をどのように配置するかです!

道路が東西南北どこにあるかによって、玄関の位置・LDK・お部屋の位置が変わってきます。

道路側に窓を配置するなら、小さい窓に変更したり高い位置に設置することも、防犯だけでなく、通行する人の目線も気になりません。

また、北側であれば、天窓を設けて窓をなくすのも一つです

天窓は、壁についてる窓より採光が3倍入ると、建築上は計算されます

実際とても明るくなり、平屋で廊下が暗くなってしまったりするときに使われます。

ただ、気を付けていただきたい点があります

南面につけると、夏の日差しが直接入ってきてしまい、部屋の温度があがってしまうので気を付けてください

駐車場や、外構の配置によっても変わってきますので、いろいろ相談しながら計画することをおススメします


こんにちは~櫻岡です

先日は、久しぶりの本降りの雨でしたね

乾燥していたので、ちょうどよかったのかもしれませんね

さて、今回は注文住宅ならではの『番外編』についてご紹介します


1c83e947b70a78c228ad2cf625e80144
猫ちゃんのためにキャットウォークを壁に設置しました

黒く見えるのが、梁です!こちらも猫ちゃんが歩けるように、見せるように造りました


08e9460c9600113ff455e1618929f362
壁の下に開いている穴も猫ちゃんが行き来できるようになっています
22816d2f64e940f7f95faef47205dba2
穴の先にあるスペースは、トイレと猫ちゃんが外を見てリラックスするスペースになっています

猫ちゃんにとってはうれしいスペースですねぇ~
c0f3dc6d760ba47de30bdf331028e9fc
リビングの一角に土間スペースを設置した建物です

こちらのお宅では、ワンちゃんを飼っているのでワンちゃんのスペースとして使用しています
56bcb1bd43d32288d6cdb60b45163fd5
ワンちゃんもこのスペースがあるだけで、夜や雨の日に安心できますねぇ~

ワンちゃんを飼っていなくても、趣味スペースや家庭菜園の合間に使えるスペースとしても有効です


573f53190f3120e3e2a6d164e13652cc
注文住宅ならではかなぁ~と思います

らせん階段を鉄骨で造り、設置しました

あまりない要望だったので、設置する際はドキドキわくわくしましたねぇ~
6c1af8f10869782014452a31e221b8c2
こちらは、お家の中に坪庭をつくりしました~

玄関入ってすぐの部分にあるので、存在感がとてもあります


2011121109540000
こちらが少し遠めで見た坪庭です!

階段下に設置してあるので、風情がありますよねぇ~





このように、注文住宅ならではな造り方があります!

皆さんも是非、ご相談してみてください
KIMG0546
こんにちは関澤です。
先日、笠間の美原でN様邸の上棟させて頂きました。
風が強かったですが順調に柱・梁が組みあがってお客様も喜んで頂きました。
H棟梁はN様の親戚関係の家を手掛けるのは、これで4棟目です。
KIMG0547
40坪位の建物ですが順調です。
KIMG0548
監督の段取りの良さですか、垂木も終わって野地板まで施工することが出来ました。
scroll-to-top-2