長持ちする家づくり

家を長持ちさせるには、とにかく住宅を腐らせない。錆びさせないこと。どの部品を使用するかを注意するのが大事だと思います家
昔は家住宅の劣化を防ぐのに、地面から近い部分の部品に大量の化学薬品をしようしていました。
しかし、10年前位から、この化学薬品が体に影響するということがあげられ今は、自然材料(桧、ヒバなど)を土台や柱に多く使用されるようになりました。
住宅で使われる部品は、仕上材、下地材、構造材(木材)など見えない手直ししずらい場所は耐久年数が長いものを、目に見える部分は効率よく部品を交換できるのでその辺を考慮して使い分けることをオススメします。
海外と日本の住宅の平均耐久年数は大きく違います。海外では家の塗装や床の張替などは、ほとんどが自分たちで手入れをしているそうです。
その違いが海外と日本ではあるのかも知れませんね。

20070825143650.gif

scroll-to-top