耐震

こんにちわ工務の小沼です。
最近はニュース等では、四川の地震のことを毎日のように見ています。茨城でもここのところ地震が多く心配になります。
在来工法で、地震の時に建物を支えるのに1番力を負担するところはどこだと思いますか?
柱? 梁? ではなく、耐力壁と言われる部分が1番負担しています。
在来木造で、耐力壁としてもっともなじみがあり、代表的なのが筋交いと呼ばれる部材です。筋交いとは、柱と柱の間に斜めに取り付けた部材です。この部材によってつっかえ棒のような原理で地震の時に生じる建物が倒れよとする力に抵抗します。
耐力壁にはそのほかに、構造用面材を使った耐力壁もあります。
在来工法で地震に強い建物は、ただ柱を太くしたり多くしたりしただけでは地震に強い建物にはなりません。
でもただ耐力壁が多いだけでは耐震性は上がりません、建物全体にバランスよく配置されないと耐震性の高い建物にはなりません。
現在の建築確認申請では、耐力壁のバランスもチェツク項目になっておりますので安心だと思います。
今後は、新しい耐震の技術も勉強したいきたいと思います。

scroll-to-top