珍しい現象

こんにちは櫻岡です!
新しい年も明けて、日常の生活に戻っていることと思いますお正月ボケは治りましたでしょうか私は、お酒も飲まずにとても静かな正月を迎えられました
まぁ~冬も本番に突入と言うことで、またまた地元大子町の話なんですが珍しい現象があるので書きたいと思います
その、現象と言うのが『しが』と呼ばれるものが川を流れることですご存知の方もいるかとは思いますが説明したいと思います。
『しが』・・・気温が氷点下5℃前後になることにより岸や川底で出来た氷が流れる現象。
これが『しが』ですなぜ、これが珍しいかと言うといくつかの条件をクリアしていないと見ることが出来ない現象なので、珍しいとされています。その条件が、
①気温が低い
②川の流れが急
③川底が浅い

などの条件を満たしている川でのみ現れる現象なんです全国的に見ても珍しいんですよ
私が大子にいたときは、通学路の川に流れていて冬になれば流れるものと思っていましたがこんなに貴重なものだと最近気付きましただから、通学時間にカメラマンが沢山いたんですね。しかも、朝のギリギリ8時までしか見れないんですだから見るためには朝早くに行かなくてはならないので寒いんですよ
とまぁ~、まだまだ魅力いっぱいの大子町にも遊びに来てください
ー*-*-*-
1月10日~12日まで、旭町で土地販売会を実施しております
今日が最終日となりますので、詳しく土地条件を聞きたい方がおりましたらスタッフがおりますのでお立ち寄りください
スタッフ一同心よりお待ちしております[emoji:v-411][emoji:v-353]
2.jpg
『しが』の写真です[emoji:v-353]

scroll-to-top-2