感染予防

こんにちは、山口です
今日は涼しいけれど、どんより曇りで雨が降ったりやんだりですね
最近ニュース等で一時期よりも騒ぎがおさまってきましたが、インフルエンザもちろんこれからも感染予防しないといけません
しかし、インフルエンザの予防策のマスクが売っていませんね
問題になっているインフルエンザの主な感染経路は、飛沫感染と接触感染です。
飛沫感染:感染した人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫とともに放出されたウイルスを健康な人が吸入することによって感染します。
接触感染:感染した人がくしゃみや咳を手で抑えた後や、鼻水を手でぬぐった後に、机やドアノブ、スイッチなどに触れると、その触れた場所にウイルスが付着しますが、その付着したウイルスに健康な人が手で触れ、その手で目や鼻、口に再び触れることにより、粘膜・結膜などを通じてウイルスが体の中に入り感染する場合があります。
インフルエンザにかかると、まずのどの痛み、鼻汁、くしゃみ、咳、頭痛、寒けなどとともに発熱がみられますこのようなかぜ症状の他に、筋肉痛、関節痛、眼球の痛み、腹痛、下痢など幅広い症状がみられます。
とにかく手洗いうがいをこまめにすることが大切です

scroll-to-top