待機電力

こんにちは[emoji:v-252]櫻岡です[emoji:v-222]
最近なんだか、冬なんだか春なんだかよくわからない時期ですよね[emoji:v-388]でも、これが過ぎれば暖かいはるがやってくるばず[emoji:v-353]待ち遠しいですね[emoji:v-398]
さてさて、今日は『待機電力』について書きたいと思います[emoji:v-219]
皆さんはご存知でしょうか[emoji:v-236]待機電力というものを。。。これは、電源は切れているけど、コンセントはささっているこの状態を『待機電力』と言います[emoji:v-237]コンセントにさしてるだけでも電気も電気代がかかっているんですよ[emoji:v-405]待機電力は、家庭一世帯当りの全消費電力量の約10%を占めるとの調査結果もあり、無視できない大きさです[emoji:v-404]
大体、使っている電気器具によって待機電力は違いますが、よく使われるものをピックアップしたいと思います。
商品別の待機電力(各社平均) 単位:W
テレビ : 1.5 パソコン: 3.5
ビデオ :6.9 留守電 :4.7
CDラジカセ: 3.5 電話子機 :2.5
ステレオ :10.3 炊飯器 :2.2
エアコン :4.6 電子レンジ :4.8
洗濯機 :1.2 温水便座 :8.1

これを参考に、簡単な計算をしてみると
1W年間電気代=約200円
パソコン(待機電力3.5)だと、3.5×200=約700円の無駄になってしまいます[emoji:v-388]
計算してみると待機電力もバカにならないですよねぇ~[emoji:v-390]
でも、待機電力といえども必要なものもあります。その中でも、必要でないものがあるはずです[emoji:v-218]
それを見極めて、こまめにコンセントを抜くことによって電気代が軽減するでしょう[emoji:v-398]
実際、わたしもアパートのコンセントは冷蔵庫以外すべて抜いています[emoji:v-398]そのおかげで電気代は大体毎月2000円をキープしています[emoji:v-353]
みなさんも是非是非、実践してみてください[emoji:v-411]

scroll-to-top