制震

こんにちわ、工務の小沼です。
先日も宮城岩手で大きな地震がありましたね。
建物では、1般的に地震に対する対策は3つの工法があります。1は耐震、2は免震、3は制震と言う考え方です。
今回は、制震工法について書いてみます。制震とは、字の通り地震動を制御すると言う工法です。
この工法のやり方は、建物に制震装置を取り付けて、建物の変形を小さくします。小さくすることにより、構造体や仕上げ材などの損傷を防ぎます。また、装置自体は繰り返し来る余震に対しても効果を持続します。ただし、制震は耐震性が確保された建物に付加する工法ですので、大もとの建物がしっかりしたものでなければなりません。
制震装置には、色々なものがあります。ゴムと鋼板の組合わせたものやオイルダンパーをつかったもの、ゴムとばねを組み合わせたもの、硬質ゴムと鉄板を組み合わせたもの、弾性のゴム貼るものなど色々なものがでています。
今イサカホームでは、自社の建物にどんなものが合うか検討しています。ただし、現在コストもそれなりにかかりますので色々な面から検討をしていかなければならないと思います。

scroll-to-top