住宅瑕疵担保履行法

工務の小沼です。
来年の10月1日から「住宅瑕疵担保履行法」と言う法律が実施されます。この法律は、もともと住宅には「品質確保法」と言う瑕疵保証の法律がありましたが。耐震偽装問題の時に、施工会社や売主が破産して誰も瑕疵を保証してくれる会社が無くなって買主が保護されなかったことから出来た法律です。
瑕疵を保証するために、施工会社、不動産業者が施工棟数に応じた保証金の供託か国土交通省が指定した保険法人の保険の加入が義務づけられます。国土交通省の決めた供託金の金額は、年間10棟施工の会社だと1棟当たり100万円なります。ですから中小の会社は、ほとんどの会社が保険を使うと思います。ただし保険加入後も年2回保険加入の状況を、都道府県に届けでが義務づけられます。このような法律が来年の10月1日以降の引渡しの建物から実施されますので今後法律がどうなるか、色々勉強していきたいと思います。

scroll-to-top