住宅性能評価

工務の小沼です。
今日、住宅の性能評価をやる会社の方とお話をする機会がありました。
住宅の性能評価とは、10項目にわたり建物を評価することです。
その項目とは、
1、構造の安定
  地震や風等の力が加わった時の建物全体の強さ
2、火災時の安全
  火災の早期覚知のしやすさや建物の燃えにくさ
3、劣化の軽減
  建物の劣化のしにくさ
4、維持管理への配慮
  給水管とガス管の維持管理のしやすさ
5、温熱環境
  住宅の断熱化等による省エネルギーの程度
6、空気環境
  ホルムアルデヒド対策等
7、光、視環境
  居室開口部の面積の多さ
8、音環境
  上下階や隣戸からの音対策
9、高齢者等への配慮
  バリアフリーの程度
10、防犯への配慮
  外部開口部の侵入防止の有無
以上のです。
あまり内容は、細かくありませんが、今後1項目づつ書いていきたいと思います。
今後、住宅の高寿命化の時代が来るととても大切なことなので、勉強していきたいと思います。

scroll-to-top