住宅の型式認定取得中

今晩は、清野です。イサカホームでは、外断熱工法の家を平成11年よりご提案してきまして、すでに10年近く経とうとしています。今、外断熱が、ブームのようになっていますが、断熱材を柱の外に貼れば外断熱かもしれませんが、それだけでは、高性能で快適な住宅にはならず、一朝一夕で出来るわけではありません。やはり断熱・気密・換気・暖房のバランスが大事です。長い時間を掛けて、一棟一棟丁寧に仕上げて、今に至ったノウハウがイサカにはあります。建てていただいて住んでるお客様から、「冬、家の中はあったかいよ」と、うれしい話も沢山いただいています。そこで去年からイサカホームでは、イサカの外断熱の工法を、公共の機関で認定してもらおうと、準備を進めてきました。ようやく今日、財団法人 建材試験センターから住宅型式認定(温熱環境・最高等級4)の申請を受け付けましたよ、という書類が届きました。これからもう少し認定されるまで時間が掛かりますが、もうじき認定されると思います。認定されると住宅の性能評価を受ける場合「イサカ外断熱工法」認定番号○○○○○○で性能評価9項目の1つ 「 省エネルギー性:省エネルギー対策等級4 (最高等級)」 が簡単に取得できます。それだけ省エネルギーに優れているということです。やはり冬家の中が、寒くないと楽ですよ。型式認定が取得できましたら又報告します。

scroll-to-top