ドイツに学べ! 勉強会参加

皆様こんにちは、伊藤です!
寒さが増してきていますがいかがお過ごしでしょうか?
10月27日にクラブヴォーバン主催の環境先進国・ドイツに学ぶ勉強会『PJ25』に参加しました。
ドイツ在住で環境コンサルタントの村上敦さんから、京都議定書の目標を上回る23.3%温室効果ガス削減を達成した、ドイツ国内の気候温暖化対策・エネルギー政策などを教えていただきました。
その後は『日本でもCO2・25%削減に向けてどんな対策をしたら良いか!』を討論しました。
通勤に自転車を使う!
25%燃費のいい車を開発する!
洗濯の回数を減らす!
電気を使いすぎる家庭の電気を止めてしまう!
etc.etc.
実用的な意見から、過激な意見まで楽しくも真剣にディスカッションしてきました。
今後は政策として実現可能なものから民主党に提言していくとのことなので、そんな会議に参加できて光栄に思います。
また政策任せ、他人任せでなく、自分にも何が出来るかを考えなくてはいけないと思い、昼食時はマイ箸を使うようにしましたし、電気をこまめに切るようにしています。
イサカホームとしても長寿命な住まい作りを提案することで環境負荷を軽減できればと思います。
一人ひとりが地球のことや、自分たちの子孫のことを考え、出来るところから改善していかなくてはいけないですよね、皆さんもご一緒に『CO2削減25%』に取り組みましょう!
次回は11月10日(火)に東京で開催され、内容はドイツの住まい(断熱)についてです。
興味のある方はクラブヴォーバンで検索してください。
club vauban

scroll-to-top