アステックペイント

こんにちは[emoji:v-398]櫻岡です[emoji:v-237]
今日は前に研修に参加しました、『アステックペイント』について書きたいと思います[emoji:v-219]
オーストラリア生まれのアステックペイント。紫外線が日本の3倍以上あるオーストラリアで生まれた塗料です[emoji:v-398]。
オーストラリア[emoji:v-525]は沿岸近くに水量が豊富で肥沃な地域があり、ここに人口の大半が住んでいます。北端部・中西部および東部そして南部と場所によって全然気候が変わってしまいます[emoji:v-356]
特に、11月から2月の夏季[emoji:v-301]が年間で1番紫外線が強く、紫外線レベルは、午前10時から午後3時まにピークに達し、この5時間で一日の紫外線の60%を受けることになります[emoji:v-404]。
太陽から放射される紫外線をカットするオゾン層が1%破壊されると、地表に届く紫外線量は1.5から2%増加します[emoji:v-278]。すでにオーストラリア大陸の南半分はオゾンレベルが通常以下になっています[emoji:v-219]。
このような厳しい自然環境の中で生まれたアステックペイント[emoji:v-353]
塗装の概念を打ち破る新しい建築素材、塗るだけで遮熱、防水、防かび、防錆等の効果を発揮し、建物全体に保護する機能を持った新素材なのです[emoji:v-219]
建物全体なので屋根・外壁はもちろん塗れます。しかし、その中でも使用が難しいものもあります。
たとえば、フッ素塗装をしているもの・陶器(釉薬)瓦・シリコン塗装されてるものなどです。シリコンは年数によって出来る出来ないの判断が出来る場合もあるので、施工する前に必ず密着試験(テストパッチ)を行います。
このように大体の製品には対応しています。
実際に、建材市場ですでに施工をしたお家が何件かあります[emoji:v-398]
詳しい内容・施工例をご覧になりたいかたはお問い合わせ・ご来場をお待ちしております[emoji:v-411]

scroll-to-top