ひたちなか市の新築で実施、砕石パイル改良工事!

こんにちは伊藤です、風が強いですね。
今日は地盤改良工事についてです。
地盤の調査をして地面の強さ(地耐力)が不足している場合に地盤改良工事が必要になります。地面の状況や費用によっていくつかの種類から選択されますが、主に
1.表面部分を固める表層改良工事
2.地中に柱状のものを作るタイプでは
※鋼製の柱を埋める鋼管杭改良工事
※ペースト状のセメントで作る湿式柱状改良工事
※砕石を使った砕石パイル改良工事
などです。
今回は砕石パイル改良工事をひたちなか市で実施しました。
最大のメリットは、将来土地を売買するときに砕石を撤去しなくていいこと、なぜなら砕石は自然のものだからです。
どのタイプも保証(主に10年)がついていますから安心ですね!

水戸、笠間で新築、リフォーム、塗装、不動産仲介ならイサカホームへ!
20150325.jpg

scroll-to-top-2