こんにちは(*^_^*)

本日担当の櫻岡です[emoji:v-411][emoji:v-217]
今日は『建築士の資格』について書きたいと思います[emoji:v-219]
建築士には大きく分けて、3つの資格があります。木造建築士、2級建築士そして、1級建築士があります。最初は木造建築士についてです[emoji:v-398]
 木造建築士はその名の通り、木造のみ建てることができる資格です[emoji:v-363]ですが、木造全て建てられるわけではありません[emoji:v-388]述べ床面積(1階・2階の床面積の合計)が300㎡以内で2階以下でないと建てられません[emoji:v-356]
ちょっと、木造建築士について短いですが、次に2級建築士についてです[emoji:v-356]
 2級建築士を受けるには、まず、受験資格が必要になります[emoji:v-295]一般であれば、実務経験7年以上必要です。建築の大学、専門学校(認定を受けた学校)を卒業した人は実務経験なし、土木の大学は実務経験1年以上、建築、土木の高校を卒業した人は実務経験3年以上が必要になります[emoji:v-353]建てられる規模も決まってきてしまいます。公共建築物(学校[emoji:v-102]・病院[emoji:v-100]・映画館とか)述べ床面積が500㎡未満のもの、建築部分で高さが13mまたは、軒の高さが9mを超えないもの、木造以外[emoji:v-260]の建物で延べ床面積が30㎡~300㎡、高さが13mまたは軒の高さが9m以内のものが建てることが出来ます[emoji:v-237]
 わたしも、2年前に2級建築士の試験を受けまして、合格しました[emoji:v-398]1年間、その勉強のみで頑張って勝ち取りました[emoji:v-411][emoji:v-221]試験は、4科目あって其の年によって合格ラインがかわるのですが、すべての科目25問中13問正解で、一つでも超えていなければ不合格[emoji:v-406]と厳しいものでした。学科が合格しても、次に製図の試験が待っています[emoji:v-388]こちらも難関で問題用紙を読んで、間取りを考え、外構を考えて、木造であればかなばかり図、立面図2面、面積計算。この課程を4時間半でこなさなくてはなりません[emoji:v-356]時間配分を間違えるととんでもないことになるので気をつけましょう[emoji:v-356]わたしが受けたときは木造ではなく、鉄筋コンクリート構造でした[emoji:v-356]なので、木造よりも少し簡単だった?かも知れません[emoji:v-411][emoji:v-356]
ですが、年々難しくなってきています。以前の合格率は25前後を行き来していたのですが、去年は19.7%と低くなってきています。今後、受ける方は頑張ってください[emoji:v-356]
わたしも、次の試験に向けて頑張ります[emoji:v-411]
とまぁ~長くなってしまったので、1級建築士についてはまた次週ということにします[emoji:v-290][emoji:v-356]
それでは、今日はこの辺で[emoji:v-222]

scroll-to-top