こんにちは白土です。

今年もあと1ヵ月となりました。
年末の大掃除にむけて、洗面台の手入れの方法を紹介します。
洗面台の材質としたら、ホーロー制や陶器制などさまざまだと思います。
汚れも石けんカス・水アカ・手アカなど時間が経つほど落ちにくい汚れに皆さん悩まされている方が多いのでわないでしょうか。
特に汚れが気になる場所がシンクだけでなく歯ブラシ置きや小物置きなどにも気配りしたいでうね。
対処方法は下記の4通りあります。
①浴室洗剤かクリームクレンザーなどスポンジに洗剤をつけ、軽くこすって汚れを落とし、水で洗い流してから拭きして下さい。
②練り歯磨きやレモンの切り口を使う場合は、練り歯磨きをスポンジや古い歯ブラシに付けて汚れ部分をこすります。(排水溝やシンク上部の水取り穴には便利です。)
軽い汚れなら、果汁をしっぼたレモンの切り口で磨くと汚れが落ちます。
③塩と酢を使用する場合
洗面台全体に塩をまき、ゴム手袋でこすると黄ばみや黒ずみもラクに取れます。
塩をまいた後に酢をたらしてからこすると、さらに強力な洗浄力が得られます。
④サンドペーパーを使う場合は洗剤などで落ちないしつこい汚れや黒ずみには目の細かい耐水性のサンドペーパーも有力です。汚れ部分に石けんを濡らしつけて円を描くようにこする。
(ただし、こすりすぎると傷にもなりやすいので注意して下さい。)
すでに行ってる方も居るとは思いますが、まだの方は是非ためして下さい。

scroll-to-top