こんにちは、

こんにちは、ご無沙汰の大島です。
この間、本屋に行って立ち読みしていて気になったことを書きます。
皆さんは「住まい」をなぜ「住まい」というかご存知でしょうか?
今回はそれについて簡単に短くお話します。
「住まい」という言葉の中の「す」という[emoji:v-341]音に古代の人々は、神、生命発言の根源を見ていたといわれます。 例えば、神様を祭る神社に必ず植えられているのは杉の木であるし、鳥が生殖や子育てをする場所が巣であったりします。
こういった事から、 「住まい」とは神聖で、生命を育む清らかな空間であることを意味します。
そんな神聖なものを造るからこそ、地鎮祭や上棟式が存在するのかなと思いました。
以上、また何かあったらここに書きたいと思います。

scroll-to-top