『クロス壁の修復』

『クロス壁の修復』
壁面にビスや釘をつけて絵、時計などをかけたりすることも多いですよね。
そんなビス、釘穴をキレイに補修することが簡単にできます。
[ビス、釘を設置した状態]
caulk-001s.jpeg
[ビス、釘をぬいた状態]
caulk-002s.jpeg
[ビス、釘穴を押さえます]
ドライバーの柄の部分など先が丸いもので穴をならします、壁紙などがふくらんだようになっているのでそれを押さえてできるだけ平坦になるようにします。(押さえすぎて壁がへこまないように注意しましょう。
caulk-003s.jpeg
[コーキング材を充填]
穴が平坦になったらコーキング材を気持ち多めに充填します。
caulk-004s.jpeg
[拭き取りをして完了]
余分なコーキング材を拭き取ります、濡れ雑巾やスポンジなどで拭き取る。
拭き取りすぎたり仕上がりが悪いときは再度充填からやり直せば大丈夫です。
caulk-005s.jpeg
[使用コーキング材]
ホームセンターなどで簡単に手に入りますので是非お試しください。
NEC_0005.jpeg
                                                  大島でした。[emoji:v-512]

scroll-to-top