『エアコンを上手に使うコツ2』

①窓にはブラインドやカーテンを
kotu_1.gif
夏の日差しや冬の寒さを上手に防いで、冷暖房効果をアップ。ブラインドで約15%日射量を減らすことができます。
②上手に活用風向調節
冷気は下に、暖気は上に集まります。冷房時は水平に、暖房時は下向きに。
風向調整の活用で室温ムラを少なくし、ムダな運転を防ぎましょう。
③室内温度の設定は適切に
汗が出るほど暖めすぎたり、寒くなるほどの冷やしすぎは健康によくありませんし、不経済です。温度設定は適切にしましょう。
④快適な冷房(暖房)温度で効率よく省エネを
冷房時、室内と室外の温度差は約5℃以内が最適です。
設定温度を1℃上げると(暖房時は2℃下げると)約10%も電気代が節約できます。
 イサカホーム   大島

scroll-to-top