社長ブログ

船井総研主催の研修会
今日は、渋谷の青山アイビー会館で行われました船井総研主催の研修会に清野部長と参加しました。今回は、去年富山のクオレホームさんに訪問した時に、ご一 緒させて頂きました沼津市にあります田中建築工業の専務が講師と云う事で参加しました。専務は一級建築士と宅地建物取引主任者、ファイナンシャルプラン ナーの資格を持ち、デザイン性に富んでいて、自然素材に拘った家造りを実践し急成長している会社です。また、ファイナンシャルプランナーの知識を生かした 返済計画や、ライフプランを提案し、お客様から信頼されているそうです。また、社員にも恵まれて、田中建築工業で働けることに喜びを感じます!と言われて いるそうです。専務は厳しさと優しさを重ね持っていますから社員に愛されているんですね!私も頑張らなくちゃ!地場ビルダーにしか出来ない家創りを私も実 践していきますよ。今日は、クオレホームの森本社長もいらっしゃっていて、私が沼津に行きたいですね!と言ったところ、ご一緒して頂けるそうですので専務 宜しくお願いします。また、先週久留米でご一緒しました栃木のネキストホームの中村社長にもお会いすることが出来、ヴィンテージホームのお願いもさせて頂 きました。ヴィンテージアイモクの井上社長これを見ましたら宜しくお願いします。今日も頑張ってる皆さんとお会いすることが出来元気が出ました。明日から また、頑張るぞー!
構造見学会
土日とホームページでも案内してますが、ひたちなか市で完成見学会と水戸展示場で構造見学会を行いました。また、その合間にクリナップの水戸ショールーム で行われています新商品発表会に顔を出しました。その目的の一つが、水戸展示場に展示します新商品の洗面化粧台の確認と色決めをしてきました。最終的にホ ワイトに決めました。展示場には、クリナップ商品はキッチン、背面収納、洗面化粧台、システムバスの採用が決まっています。その色合いを考えながらバラン ス良く選んだつもりですので、私のセンスをお確かめにいらしてください。奥様を基準に選びましたので、本当の私の趣味では無いと思いますが、嫌いな色では 無いのでお楽しみにしてください。その内容は建材市場の鈴木ブログに載ってますのでお確かめください。特にシステムバスの常夏シャワーは快適ですよ!安全 性、快適性、耐久性、で他社をリードしている様に思います。皆さんもイサカホームに聞いて来ました!と一言言ってください。支店長からプレゼントが出るか もよ?私の歳になると各メーカーの支店長クラスが同年代なので多少は無理がきくようになってきましたね。無理も言いますけど、役に立つ提案もしてきてます よね?誰かコメントくださいね!お願いします!と云う事で、ひたちなか市の見学会に協力してくださったファイアーライフ(暖炉屋さん)の社長さん美味しい ピザも含めてありがとうございました。そして、ご来場頂きました皆様有り難うございました。
古材倉庫(こざい)全国大会
22.23日と二日間にわたり福岡県久留米市にありますMウッドさんを会場にしまして、古材倉庫、ヴィンテージホーム、ヴィンテージリフォームの全国大会 が行われました。私は午前7.30羽田発の福岡空港行きの便で、来ました。朝5時に家を出発したので飛行機の中では爆睡状態でした。本当は8.30の便に 乗る予定でしたが、大幅に遅れると云う事で前の便に変更したので、少し早く着きすぎました。そのお陰で、余裕が出来た時間を使い博多駅周辺を歩き回りまし た。興味のあるのは食べる事ですからひたすら、福岡の味を求めて地下街や周辺を歩きました。そしてより個性的な店を目指し、チェーン展開している店は避け て、古くから博多の町に定着してそうな店に入りましたが、期待とはかけ離れた新鮮さの感じられないお刺身定食になってしまいました。期待していたのは、玄 界灘でとれた、脂ののった鯵や鯖を思い浮かべていたので、ガッカリでした。残念!夜の懇談会に期待し忘れる事にしました。ところで本題に入ります。この会 は三年目になり、参加者も増え、井上社長の情熱が全国の材木やさんや、工務店、ビルダーを巻き込み、大きな流れが出来ようとしています。日本での古材(こ ざい)の定義は70年以上と云う事ですが、世界基準では100年以上と云う事の様で、古き良きものをヴィンテージものと呼ぶそうです。ただ古いだけでは何 の価値も出ないようですね!100年かけて育った木が100年かけてコザイになり、また100年新しい家で使われ300年生き続ける事になれたら素晴らし い事ですよね!木材には強度が落ちない生命力があります。今迄は、コザイを流通させるシステムが無かった為、殆んどの解体された木材は焼却処分されて来ま した。これからは環境も考え、木材を永く生かす工夫をしていかなければならないと思います。本物のコザイを見て、確かめて頂きたいと願っています。皆での 情報交換は為になり、有意義な時間となりました。そしてお楽しみの懇親会はMウッドさんの直営の居酒屋でしたので、拘りの新鮮な魚に舌鼓をうたせて頂きま した。そして最後は、とんこつラーメン発祥の地であります久留米お薦めのこってりとんこつラーメンで1日が終わりました。
プレシデントホーム研修
今日は、宇都宮の総合住宅展示場にありますプレシデントホームに訪問しました。水戸の展示場のオープンに向けて後藤営業部長よりご指導頂くために、伊藤取 締役と清野部長と共に来店しました。まずは、総合住宅展示場の近況を教えて頂きました。住宅業界の取り組みの傾向が少し見えたような気がします。そこで感 じたことは、住宅会社の見積もり書は、最近は特に基準が無く、それぞれの会社で、勝手にルールを作り、競合他社に解らないように、お客様に高いと思われな いよう。そして解っても断られにくいタイミングを見計らって,最終金額を提示する遣り方が多くなってきている傾向があるように感じます。今現在、各メー カー(サッシ、ドア建材、水廻り設備、スチール、合板等)共に、値上げの話ばかりに来ます。理由も聞けば納得せざるを得ない理由ばかりです。そんな中で、 ただ理由も無く安く家を造のは限界をこえています。最初は安く表示をして、後から追加付帯設備工事などと訳の解らない項目で請求をすると云う遣り方は、建 築業界に永く携わっている人間にとっては考えられないところです。これは、人間が古いから?時代の流れだからと云う理由で納得することは出来ないと思いま す。余りにも基準が無さ過ぎる事が住宅業界の問題だと思います。実際契約するお客様には抵抗が無いのでしょうか?それでもトータルで安ければ問題の無いと ころでしょうが、初めて家を建てるお客様には、その様な判断基準などあるはずも有りませんから、何らかの対応を国土交通省等が中心になり、取り組んでいく 必要性があると思います。性能も、耐久性も、安全性も、デザインも、企業の体力も、全て違う住宅を比較することは困難ですが、ある一定基準を作る事から始 めたいものですね。本日は後藤営業部長有り難うございました。
ハーストーリー研修
遅くなりましたが、14日の午後、ハーストーリーと云う会社の研修を受講しました。この会社は、1990年に広島で創業した会社で、創業者は、日野 佳恵子社長と、イラストレーターのさとう みどり副社長です。この会社は昨年まで50名の社員全員が女性だったそうで、今年度より5名の男子社員が入社したそうです。女性の感性は豊かで能力は高い そうですが、男の能力もミックスする事も大切な事に気付いたそうです。今回参加して感じたことは、女性を知らなさ過ぎたと云う事です。今迄は男性の視線で 全て判断してきたなーと反省しています。最近の車や家を決めるとき80%は奥さんが決定権を持っているそうです。男は性能とか比較対象してみたり、拘り、 うんちくなど理屈で買い物するのに対し女性はイメージを大切にし、直感的な買い物をするそうです。可愛いとか、私に買ってと商品が訴えていた。とか、私の 為にある。等、で買い物を楽しんでいるそうです。そういった違いを分からないまま、提案してきたと実感しています。とにかく時代は変わっています。そのス ピードについていけません!また、女性は結婚、出産、子育て、介護等でライフワークが大きく変わりますので、それにあった就業体制を整える必要性も感じま した。これからは、重要な話し合いの場に女性スタッフが参加して意見が言える様な環境作りも課題になりました。まだまだ学んだことはありますが今日はこの 辺で!
scroll-to-top