悠々自適

今日は、大変お世話になりました高野様を紹介します。高野様は元、茨城県信用組合の笠間支店長を10年位前にされていました。それ迄は、陶芸には興味が無 かったそうですが、取引先や、身近で笠間焼に触れる機会が増え、焼き物の魅力に取り付かれ、奥様と共に、陶芸教室に通い始められたそうです。そして奥様が 高野様の退職に合わせ、笠間の民芸の里に工房 禮 (れい)を出されました。そして、1999年に茨城町長岡に独立開窯され、ボンベルタ成田百貨店や、水戸京成百貨店などで個展を開いています。特徴は心に 安らぎを与えてくれる翠緑の色彩を中心に、桃山時代から続いている織部の作品を陳列しています。作品は絵は奥様が担当され、二人三脚で楽しんでいるそうで す。そして時には、旅行にゆっくり行ったりと悠々自適に日々をおくっていると、笑顔で話してくださいました。銀行の支店長としての笑顔も素敵でしたが、今 の笑顔が私の憧れになりました。何時になればそのようなゆったりとした時間が訪れるやら!皆さん何時も遅くなってしまい済みません。明日も宜しくネ。
scroll-to-top