愛着のある住まいとの別れ

愛着のある住まいとの別れ
今日は、長いお付き合いをさせて頂いております方から「住まいを処分したいので相談にのってください」と連絡があり、二度目の訪問になります。東京の娘さ んの家で暮らすそうで、30年住んだ家とお別れをする事になりました。売る条件は、出来るだけ高く売りたいし、短期間に売りたいのは当然ですが、無謀な金 額ではなく、常識的な考えの方でしたので、私も非常にやりがいを感じています。販売の方法ですが、その家を解体して更地が良いか?リフォームして売るのが 良いか?そのままで売りに出すのが良いか?検討しました。最後は私に一任して頂きまして、リフォームして販売することに決定しました。娘さんにもすべて任 せますから!信用してますから!と初めてお会いしたのに信用され過ぎまして責任の重大性を認識しています。この度の工事内容は、駐車場工事、雨樋交換、 キッチン、浴室、トイレの全面改装、壁の塗り替え、畳と襖の張り替えが主な工事です。そこで一番重要なのは費用対効果です。築30年となりますと直したい ところばかりですが、費用をかけ過ぎると新築した方が良くなってしまうのでバランスが大切です。割り切るところは割り切る勇気が必要です。肝心なところの 補強などには拘って、今度住む人の事を考えた提案をしていきたいと考えています。工事を担当しますのは、建材市場店長の草野です。今日現地調査に来ていま すのは、若手の塙左官さんと市村板金さんです。ご主人さんと一緒にパチリしました。また、ここに来てビックリ、お隣さんが設計中のお宅でした。やはり縁な んですねー。場所は小美玉市羽鳥ですので、こちら方面の中古住宅をお探しの方は期待してください。出来るだけ安く、きっちりリフォームしますので、是非御 覧になってください。元々の大工は新潟から来た、腕のいい職人だったそうですし、構造材もしっかりしてますよ!壊すのは勿体ないですものね。
scroll-to-top