父親の趣味

お父さまの形見のさつき
今日は、写真だけを見てください。このさつきは、今現在、桜川市で建築中の建て主様より、お父さまの形見のさつきを譲って頂き、大切に手入れをしながら、 やっと美しいお花が咲いたところです。これらのさつきは、100年を超えるものばかりです。私には価値がまったく分かりませんが、いずれ分かる時が来る し、さつきも、盆栽も好きになる時が来からな!と親父は言います。私はそんな事はありえない!と反発していますがどうなる事やら?今年は庭中さつきだらけ です。綺麗なのは確かですが、これから先、水かけだけでも大変な仕事になるでしょう。そして、今年は、茨城県信用組合  笠間支店にさつきを四鉢展示しま した。支店長にも絶賛して頂きました。ところで、親父は、さつきに盆栽、畑仕事が日課です。本当は今でも仕事をしていたいのだと思います。ですが、45才 頃、胃潰瘍で手術をした時の、輸血でC型肝炎になってしまいましたので、無理がききません。その為大工仕事が大好きな人だけに淋しいでしょうね。もとも と、無理をして、がむしゃらに仕事をしてきた人間ですから、無理をしないでじっとしているのが辛いようですね。でも、体に注意して長生きして頂きましょう か!親父の最高の笑顔は孫に囲まれている時ですね。男三人、女五人の孫が自慢のようです。いずれ自分も、もう何もしなくて良いですよ!私たちが統べてやり ますから!と言われることが夢であり、経営者として後継者を育成するのが、務めですから。でもガックリ来るんでしょうね!そしたら、シルバーチームで別会 社を我儘に作りますからお楽しみに!良い仕事しまっせ。
scroll-to-top