頼れる男衆

頼れる男衆
今日は、イサカホームの屋台骨を背負っている。男衆の会議です。お客さまの為に成るような対応について延々と会議が続きます。皆、妥協しないので終わりま せん。問題は尽きません。営業の立場と現場の立場でぶつかります。社長の立場で見ますとどちらも正しい。どちらも採用したい。と思いながら、判断を皆に委 ねます。自分達で決めたことは実行できます。それがイサカホームのやり方です。責任を持たせます。最後に社長の出番です。それでも、皆の意見は尊重しま す。頼りになる社員に育っています。これからも、皆さんの愛情で育ててください。頑張ります!いつまで会議は続くことやら?
scroll-to-top