親子二代のお付き合い

オヤジの手懸けた家

今日は、35年前に父が建てさせて頂きましたお客様から、サッシ交換と室内建具のガラス交換の依頼がありまして、訪問させて頂きました。35年前は、私も 小学生で、自宅の倉庫に家族四人で仮住まいをしながら新築していた頃の話をしながらお茶をご馳走になりました。その頃はお母さんも元気でしたが、お父さん が小さい頃になくなったので大変な時で、予算の無い中でかっちゃんのお父さんにはお世話になったのよ!などと言われました。確かに頑固で偏屈なオヤジです が優しい職人でした。そんなオヤジの手懸けた家のメンテナンスをさせて頂けることが何より嬉しい事です。お客様の中には小さな仕事だからと遠慮される方も いらっしゃいますが、何でも声を掛けてください!それが私たちの責任ですから。ながーくメンテナンスしながら住み続けてくださいね!
scroll-to-top