村田兆治の講演会

講習会

今日は、明治安田生命主催で、憧れだった元ロッテオリオンズのまさかり投法の村田兆治さんのお話を聞きました。日本で初めて肘にメスを入れカムバックした 投手です。そして、58歳になる現在も140キロのスピードボールを目指しトレーニングを続け、離島の子供達に野球の素晴らしさを伝える日々を送っている 方です。そして、継続こそが力なりと言い続けています。昭和生まれの明治人と奥様に言われる程無骨な方の様です。明治生まれの父親の影響をもろにうけ、そ のまま大人になったようです!とにかく、不屈の精神力の持ち主だと改めて感じました。私はまだまだ甘い生き方をしていることを実感しました。
scroll-to-top