緊急工事

20091209121715s
工事

工事
旧笠間市で、約築百年は経つであろう建物の屋根が危険な状態だったので、急遽瓦の撤去工事を行っています。この建物は笠間の造り酒屋さんの持ち物で、坂本九ちゃんの母親の実家の人が住んでいた建物です!
土瓦は劣化して割れています。そして下地は竹で編んであり、その上に土葺きになっています。非常に重い屋根になっています。
建 物が古く、耐震性も弱い状態で今までよく耐えてきたな!!と感心しています。なかなか住んでない建物の点検は出来ないですよね!ですが、瓦が落ちたりして 事故があってからでは大変です!ましてや、人を傷つけたりしたらお金の問題では無くなってしまいます。今回は、屋根の下地から造り直して、軽い鉄板系の素 材に変更する予定です。
その後に耐震補強を予定しています。
歴史ある建築物は許されるなら遺していきたいですね。その為には、多くの建物に携わり、多くの経験を積み、それをデータとして残していく責任があります。経験豊富な職人も高齢化が進んでいますので、若者と組にして経験させようと思っています。
来年着工予定のリフォームも築90年の古民家ですので気を引き締めて工事をしていきます。
古民家は構造の考え方が現在の建築基準法と違いますので、優れた考え方を残しながら、住みよく安全な住宅に創り変えていきたいですね!
それが地場ビルダーの役割だと思っています。
効率やリスクを考えたら避けて通りたいところですが、それを遣ったら私達の存在意義が無くなりますしね!
私が考える地元の工務店は補修、点検から増築、減築、リフォーム、新築、土地の売り買いの相談から賃貸の相談まで地元の事なら何でも相談にのれることが最低条件だと思います。
それには、常に勉強、勉強ですね。
今年も沢山の視察や研修に出席し、情報を収集しました。多分、先ほど触れた事ならかなりのレベルのアドバイスが出来ると思います。試しに私と勿論無料、相談をしてみませんか?
あなたの人生の悩みが少しなら解消されるかもよ!?
これはかなり謙虚に言ったつもりです!
実は自信があったりして!?今日も、今からリフォームの研修を明日の午前中までさいたま市で参加し、明日の午後はドイツ仕様の住宅の説明会に出席してきます。いつもブログで空振りさせてごめんなさいね!
今、上野駅に着きました。話が飛びましたね。
scroll-to-top