プチ古民家再生完成

プチ古民家再生
日本に居るはずの無かった私です。気持ちを切り替えるのに少しの時間がかかりました。解っていても心が付いていけず、脱力感が少し続きました。今日から仕 事に復帰しました。皆さんもう一度パスポートの期限をチェックしましょうね!と云う訳で、プチ古民家再生がやっと完成しました。これは、リビングからキッ チンの写真です。梁や囲炉裏で燻された天井を生かし、肝心な柱を生かしての間取りは大変苦労しました。そして経験豊富な大工職人と力を併せて古民家を若い 夫婦にお似合いのスペースに生まれ変わらせる事ができました。床と腰壁はパイン材で、ナチュラルな色の植物性の塗装をし、壁は漆喰塗りに仕上げました。ど うです。いい感じでしょう!屋根の瓦も全面葺き替え、外壁も塗り替え、サッシもペアガラスサッシに入れ替え、今までは鍵も掛からなかった状態でしたが、セ キュリティーの面も向上しました。ですが、今まで町の真ん中なのに鍵を掛けたことが無くても空き巣に入られた事が無かったのに、鍵を掛けた途端に空き巣に 入られたらと考えたら、夜も寝られなくなっちゃいますね。また、浴室、洗面、トイレ、キッチンも新しくなり、中は新築同然ですから、生活は大きく変わりし たね。何代にも渡って引き継がれていく家はやはり、魅力的ですよね。また、この様な工事の相談を皆様より戴けるよう精進努力していきたいと思います。
scroll-to-top