昨日の研修の報告

船井総研の東京本社

昨日は船井総研の東京本社にて、素晴らしい社長にお会いすることが出来ました。その社長は、富山市を中心に住宅や店舗建築を手懸けている、クレオホーム代 表の森本 俊明社長です。経歴は、卒業後、大手百貨店の服飾ブランドショップで働き、その後、住宅設計、インテリアデザインを学ぶためアメリカに渡り、北 米の建築様式を取り入れ、1990年に住宅会社を設立されたそうです。特徴は幾つも設計コンペで優秀賞を受賞するほどのデザイン力、照明のコーディネイト 力、そしてお客さまを安心に導く工夫等が主な特徴の様です。歳は私より一つ上の46才だそうです。では本題に入ります。お話を聞かせて頂きながら感じるこ とは、私の歩んできた道に似た事が沢山あり、共感する事が多々有りました。違うのは気づきが一足早く、次の手を打つのが出来たことだと思います。ところが ここが重要です。気づいただけで実行に移せないのが大半で、今遣ってることを変える勇気はなかなか出ないものです。森本社長もコンサルタントを信用して無 かったそうですが、船井総研の味園さんだけは、今までのコンサルタントとは違うと直感し、お互い信頼しあえる関係を構築し大きな手応えを感じているそうで す。そして今日ブログを拝見させて頂きましたが、社長の主張がはっきりコミットメントされていて、私のブログが情けなーい(涙)参考にさせて頂きます。森 本社長の会社に是非訪問させてください。デザインを茨城から盗みに行きまーす。これ以上は船井総研の営業妨害になりますのでこの辺で、今日も遅くなりまし て済みませんでした。ではお休みなさい。
scroll-to-top